プロジェクト最新情報 1月26日

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか
こちらは着々と石巻に送る準備が整いつつあります

今回は石巻に絵本を届ける前の最後の更新です


最終収集結果をご報告いたします

大型絵本等全部含めまして2145冊になりました
本当にありがとうございます
ちなみに皆様に書いていただいたメッセージカードは以下のような形にして送ります

メッセージカード2

メッセージカード3
メッセージカード1

たくさんの方に、この気持ちを手に取ってほしいですね
次回は2月14日に更新します

プロジェクト最新情報 1月12日

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

早速ですがご報告事項があります

図書館のプロジェクトメンバーが
2月9日に石巻へ皆様からお預かりした絵本とメッセ-ジカードを届けに行きます

この模様は後日ブログにてご紹介します

さて私ごとですが、年末実家に帰りまして衝撃のものを食べました
知る人ぞ知る、B級グルメ「石巻茶色い焼きそば」
焼きそばが茶色いのは当たり前じゃんと思われたあなた
まぁそのとおりなのですが…
実はこれ、普通の黄色い麺がソースで調味されて茶色くなるのに対し、
石巻焼きそばは味付けしない調理前からすでに茶色い麺なのです
何故か調べてみると
出来上がった中華麺を更にせいろ蒸しと水洗いを2度行います
これにより独特の香ばしく、歯ごたえがあり、日持ちのする茶色い麺に生まれ変わるそうです
冷蔵庫が一般的でなかった時代、いかに常温保存できるか工夫した結果、茶色い麺が生まれました
正直、普段の調理方法で作られた焼きそばは違和感なく食べてたのですが
ただ麺に関してはやたらしっかりしてるなぁという印象はありました
是非皆さんも一度召しあがってみては

本日は中央図書館にきた子どもたちが石巻に
向けて書いたメッセージカードの一部をご紹介します
このメッセージカードも石巻に届けますよ

画像 002


次回は1月26日更新予定です

プロジェクト最新情報 12月22日

みなさんご無沙汰しております
寒い日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか

さて図書館では石巻に絵本を届けるための作業が着々と進んでおります

今はフィルムブックカバーという透明なカバーを貼っています
実はこれ図書館の本にはほとんどかかっています
だから図書館の本は長持ちなのです

ルックスがけ
フィルムブックカバーをかけているところです


本当にこのプロジェクト、たくさんの方に支えて頂いて成立してます

そこで思い出されるのが毎年清水寺で発表される、その年の世相を表す「今年の漢字」

           

みなさんはなぜこの文字が選ばれたかご存知でしょうか
今年は東日本大震災だけでなく、台風などによる大雨被害、国外でもニュージーランド地震、タイ洪水などといった自然災害がとても多い年でした
だからこそ家族や友人といった身近でかけがえのない人物に対する絆を改めて感じたことでしょう
そんな中、チームワークでFIFA女子ワールドカップに優勝したサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)の姿には感動し、勇気をもらいました
多くの日本人が絆の大切さを改めて感じた一年であったためと言われています

繰り返しになりますが、このプロジェクトに関わっていると本当に「絆」感じます
絵本を買ってくれた方このプロジェクトの存在を広めてくれた方々やメディア
このブログを見てくれている方様々なご協力をしてくれた立川市書籍商協同組合をはじめとする各種団体の方々等・・・

挙げるとキリがないですが、1つだけ断言できることがあります

どれ一つ欠けても今の結果には至らなかった

みなさまに感謝して今年のブログは終わらせていただきます
次回は1月12日ころに更新する予定です

それではみなさま良いお年をお迎えください

プロジェクト最新情報 12月15日

1週間ぶりになりますが、皆様いかがおすごしでしょうか?

寒さも強くなり、街はクリスマスムード、何かと忙しい毎日・・・と師走らしい雰囲気になってきました






そんな中、当プロジェクトの一員である中央図書館・豊田が石巻市にプロジェクトの報告等のため行ってきました。本日はまず、その報告からお送りします。


石巻に行ってきました。短い時間でしたが図書館を訪問し、今野館長さんと担当の中野主幹さんからお話を伺いました。こちらからは2千冊を超える絵本が集まったこと、石巻の子どもたちを応援するメッセージも多数集まっていることをお話しました。石巻図書館
石巻市図書館(本館)は山の上にあって無事だったそうです

またお忙しい時間をさいて、車で被災現場(ほんの一部ですが)を案内してもらいました。震災から9ケ月たって、瓦礫はだいぶ片づいていて更地がずっと続いているという状況でした。この場所に9ケ月前、震災前には普通の人たちの普通の生活があったということを想像した時、胸が締め付けられる思いでした。取り除かれた瓦礫が高校の校庭にうず高く積み上げられていたり、何百台という津波にのまれた車が積み上げられているところも見ました。ポツンと残った小学校校舎の壁面がやけに黒いので、どうしてですかと尋ねると、津波にのって寄せ集められた車が、ここで発火して大火事となったためとのことでした。先生たちが校舎反対側の窓を壊し、教壇を外して窓から裏山に渡して、子どもたちを必死の思いで避難させたそうです。石巻学校
こちらがその小学校です

仮設住宅がずらーっと並んでいるところも案内してもらいましたが、外から見ていると、とても寒々とした雰囲気に感じてしまい、これからの季節がとても心配です。その仮設住宅に移動図者館車で図書館サービスを行っているとのことでした。ぜひ、贈る絵本がこの仮設住宅の子どもたちを楽しませてくれることになるといいなと思いました。
石巻仮設住宅
車から見た仮設住宅の様子です



さて、石巻に送る絵本ですが、注文いただいていたものの納品などもあり、プロジェクトの終了後半月たった今でも届いております
皆様のあたたかいお気持ちのおかげで絵本は、2135冊となりました(12月15日16時現在)
ご協力ありがとうございます


今後も、プロジェクトに関わるさまざまなことを皆様にお伝えしていきたいと思いますので、お付き合いいただけたら幸いです(次回更新は12月22日(木)です

プロジェクト最新情報

12月に入り、気候もすっかり冬に突入しましたが、皆様いかがおすごしでしょうか
お久しぶりです

皆様のご協力で無事幕を閉じた当プロジェクトですが、図書館より現在の状況をお知らせします



プロジェクト最終日から約1週間たった今でも図書館には絵本が届いています
本日16時までに集まった絵本の合計は、なんとっ1940冊となりました



最終日以降にインターネット書店より届いた絵本の中から、受領書をお送りできなかった方の分の到着の報告をさせていただきます
アマゾンより
「おばけのてんぷら」を送ってくださった方
「ねないこだれだ」を送ってくださった方
楽天ブックスより
「そらまめくんのベッド」を送ってくださった鉢嶺様
無事受け取りましたことを報告いたします



絵本といっしょにあたたかいメッセージカードも続々と届いています
一部を紹介したいと思います

「たのしいえほんをいっぱいよんでね!! えほんだいすきおばあちゃんより」
「日本中が仲間です。ガンバロー石巻!」
「私が子供の頃好きだった本 子供が大好きな本 最近読んで楽しかった本 家族の人数分贈ります みんなが早く笑顔になれますように!!!」
「おかあさんおひざにのせて赤ちゃんによんであげてね」
「石巻のみなさんへ 大変な年でしたね。苦難を乗り越え、明るい元気な石巻が再び戻ってきますよう心から祈っています。」

手紙
たまたまテレビのニュースでこのプロジェクトを知ってくださり、他県よりご協力くださった方もいらっしゃいました
お手紙には「少しでもみんなの笑顔が、子供達の笑顔がみれますように、届けて欲しいです」とのメッセージがありました

皆様たくさんのご協力ありがとうございます



さて、次回のブログ更新は12月15日(木)になります
今後は、絵本を石巻に送る準備の報告などもできたらいいいなと考えております
趣旨
 2011年3月の東日本大震災で被災した石巻市図書館では半年以上たった現在でも本が不足しています。
 そこで現地の子どもたちのために新しい絵本を届けるプロジェクトを立ちあげました。
 このプロジェクトには皆さんの協力が不可欠です。

詳細はこちらをご覧ください
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR