プロジェクト最新情報 3月1日

今日から3月ですが、昨日は立川でも雪がかなり降りました
春が待ち遠しいですね


さて、本日は石巻市に絵本を届けたときの報告の第3回目です。


贈呈式と絵本の棚入れが終わった後、お忙しい時間をさいてくださり、市内を車で案内していただきました。



図書館から車でほんの数分行ったところはもう津波の被害に遭った場所でした。

住宅が並んでいたと思われる場所は、がれきが撤去されたあとの平な地面になっているか、建物が残っていたとしても1階部分が骨組み以外は流されてしまっているような状態でした。

被害1
被害2

その一角で車を降ろしていただきました。
一見、まっ平らな地面が続く光景に見えますが、足元には日用品の破片など、生活していた跡が見てとれました。
私たちと変わらない日常がその場所にあったこと、そして今はその場所にはないこと、胸がいっぱいになりました。



海沿いの道路はなかなか水が引かずまだ手つかずの状態だということ。
使えなくなった学校の校庭にがれきが校舎より高く積み上がっていること。
私たちが知らなかった状況がそこにはありました。

道路

がれき




最後に、仮設住宅のある地域も通りました。
今回お届けした絵本を仮設住宅でも使っていただけるということなので、たくさんの子どもたち(そして大人にも!)に楽しみや癒しをプレゼントできたらいいなと思いました。

仮設1
仮設2




被害の様子もたくさん見ましたが、それ以上に、復興に向けてがんばっている人や日常を取り戻そうとしている人の姿を見ました。
がんばろう


私たちが思うよりも大変なことはたくさんあると思いますが、復興が順調に進むことを心から祈っています。
このプロジェクトで終わりというわけではなく、今後も何か支援ができたらと思っています。




合わせて、立川市図書館からのお知らせも1つさせていただきます。

現在、中央図書館2階カウンター前で、企画展「3.11と防災」を行っています(3月20日(火)まで)。
防災対策や立川断層についての展示とともに、本プロジェクトの報告も行っております。
また、4階児童フロアでは引き続き3月いっぱいメッセージカード(今回届けたもののコピーです)を展示しています。
ぜひ、お越しください。





10月よりプロジェクトの最新情報をお伝えしてきました本ブログですが、石巻市図書館に絵本を届けた報告をもちまして、無事全ての役目を果たすことができました読んでくださった皆様、本当にありがとうございました
つきましては、ブログの公開を3月いっぱいとさせていただきます
3月中旬に最後の更新をいたしますので、今しばらくお付き合いいただけましたら幸いです

趣旨
 2011年3月の東日本大震災で被災した石巻市図書館では半年以上たった現在でも本が不足しています。
 そこで現地の子どもたちのために新しい絵本を届けるプロジェクトを立ちあげました。
 このプロジェクトには皆さんの協力が不可欠です。

詳細はこちらをご覧ください
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR